念願の家を建てよう

「大人になったら、自分の家を持ちたい」。子供の頃にそんな夢を抱いた人もいるでしょう。その夢を叶えることは簡単なことではありませんが、家を建てるということには夢や希望がたくさん詰まっています。一生に一度の買い物と言われるほど、大きな買い物になります。もしも、マイホーム建築を検討しているのなら、この機会に価格や家作りのコツなどについて知っておくといいです。

夢が叶った!注文住宅を建てた人の口コミ

広くて明るい家に住みたい夢が叶いました!

昔から広くて太陽の光が差し込む、明るい家に住みたいと思っていましたが、やっと去年夢を叶えられたんです。小学生の子供が3人いますが、子供もかけっこができるぐらい広いと喜んでいますよ。

念願の庭付きの家に住んでいます

私は、ガーデニングや家庭菜園が好きなので庭付きの家を建ててもらいました。以前は、賃貸暮らしだったので部屋の中で植物を楽しむことしかできなかったんです。でも、今は好き放題できるので、毎日楽しくてしょうがないですね。

費用を抑えた家作り大成功!

持っている土地が小さく、また費用もそんなにかけたくなかったので低コストな家を目指していました。専門業者にお願いしたところ、小さな家でも快適なようにしてくれて満足しています。もちろん、価格も抑えられてローンの支払いもそこまで負担なくできそうです。

注文住宅を建てるのに必要な価格

住宅模型

既に完成している家を買うのではなく、設計して一から建てていく注文住宅は、その家によって価格が違います。注文住宅の価格というとよく不動産会社が広告などで出している「本体価格」というものがありますが、これは、建物のみの価格であり、ガスや水道などの配管工事費などを含めない価格になっています。そのため、建築にかかった総合的な価格を知りたいのであればトータル金額を見るようにしましょう。注文住宅を建てるとき、もっとも多いとされているのが「3000万円台」です。坪単価や構造によって幅がありますが、これが一番多いとされています。ただ、中には2000万円台で家を建てたという人もいるため、工夫次第では安くマイホームをゲットできるでしょう。

長らく住める家を求めること!

注文住宅は平均で3000万円ほどの価格となっています。決して安い価格ではないため、長らく住める家作りを考えていきましょう。業者によっては、100年経っても住める家になるよう力を入れているところもあります。自信を持って、長期優良住宅を提供しているところがおすすめでしょう。長期優良住宅には、いくつかの条件をクリアしないといけません。その条件をすべてクリアしているからこそ、長期優良住宅に認定されているとアピールしているので安心できる家がゲットしやすくなります。長年住める家を求める場合は、このような家を自信を持って提供できる業者に頼むことがベストです。

メンテナンスがしやすい家作り

100年経っても住めるような家にしていくためには、メンテナンスも重要になってきます。メンテナンスをしていくことで住宅寿命を延ばしていけるでしょう。そのため、長期優良住宅と認定されているものにはメンテナンスがしやすいように考えて設計がされていることがあるのです。配管や屋根や壁などが簡単に変えられるようにしているため、劣化を心配して暮らす必要もなくなります。また、建て替えの必要性もほとんどなくなるので、その分の価格もグンと抑えられます。長い目でみたときに、良いと思える家作りを検討していきましょう。

広告募集中